20才以上の方に人気!トルクメーターを買うならココです デジタルインパクトの通販 |

15Aだったので!10Aのポータブル電源では!ヒューズが飛んでしまいましたので安いバッテリーを買ってきて同梱のハサミでプラスマイナスを直接接続して使うのが良さそうです。ソケット類もセットされていてお買い得だと思います。スタッドレスとのタイヤ交換を今までクロスレンチを使っていたんですが!歳とともにだんだん疲れが痛みに変わるようになり!今回購入を決めました。

1月13日 オススメ商品♪

2017年01月13日 ランキング上位商品↑

インパクト トルクメーター デジタル【送料無料】 Meltec [大自工業] DC12V 電動インパクトレンチ [トルクメーター付] FT-10P [FT10P]【デジタル表示】

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

又!注文します。値段の割りにはなかなかです。結局締め付けはユニバーサルホルダとトルクレンチが必要です。タイヤを取り付け後は一応十字レンチで締め具合を確認をしますが。トルクの設定は70!80!90!100!110!120!130!140N−mの8段階です。早くとどきました。購入して後悔したのが最後はクロスレンチで増締めするためトルクメーターは要らなかったことです。近くのホームセンタより安かったし!満足!パワーは問題ないですが!音が結構大きいので!住宅地では煩がられるかもです。最高です。電源をスクーターのシガーソケットにつないで動かしたところ即ヒューズが飛びました。。これは、有ると便利です。トルクメーターが付いているので!安心して!作業出来ます。思った以上に軽く使用でき、トルク設定も容易でタイヤ交換の圧倒的に楽に、しかも早くなりました。びっくり。エンジンをかけて!ジャッキアップ出来ないので。後は耐久性で5年位使えれば満足です。合わせてトルクレンチも購入しましたが、デジタルメモリで必要十分でした。今回は締めトルクの設定が出来るのでナットの締めすぎも無く便利です。とても良い商品で安く購入でき良かったです。このトルクの仕様は箱にも大自工業のホームページにも記載されていないのは不思議です。音はそれほど大きく感じられませんでした。例えばタイヤ交換のみに使用して3年くらいで壊れてしまうといったとすると、120回くらいしか使えないのでしょうか?1200回は使えてほしいところです。スクーターのメンテと車のタイヤ交換のために購入しました。 耐久性は3台分【4穴×2台・5穴×1台】使用ですのでまだ分かりませんが!コスパがいいのでよろしいかと思います。値段も安いし、大して期待していなかったのですが、凄く良いです。。他のレビューを見てみると寿命が短いみたいですね。電動インパクトなんて、大したこと無いだろうなと思いつつ、とはいうもののコンプレッサー式のは買えないので、試しに買ってみました。おかげで、作業が続けられて大助かりです。赤のネジロック剤は!二度と外す事の無いネジに塗る!強力ロック剤です。スイッチはしっかり固定されていました。スクーターのプーリーやクラッチの取り外しはものすごく楽になりました。ケースもしっかりしていて!使い方も問題なし。あとは耐久性がどれくらいかですね。全く外れなかった!赤のネジロック剤を塗ってあったボルトも外れました。シガーソケットでも出来ますが!2台車が有り!近くという前提で無いと使えないでしょう。トルクは仕様では倍になってましたが使用感ではわかりませんでした。初めてのインパクトレンチでしたが、トルクを設定できるのでいいですね。ロックがかかり!締め込みや取り外しを行うまでのラグが若干ありはじめは戸惑うかと思いますが!使い慣れると凄くいいです。タイヤ交換も楽で本当に便利です。タイヤ交換が楽になりました。ただ!ロックタイプではないので正逆間違えそうです。電源はバッテリーから直接取るのですが、ksr110はバッテリーが小さいので使えるか不安でしたが、問題なく使えました。 解決済み。まだつかっていませんが安心ですksr110の19mmのクラッチのナットを外すために買いました。ただ!最低トルクが70Nmまでなのが残念な所でした。大変満足です。数年前に同じMeltec [大自工業]の電動インパクトドライバーを購入して使ってましたが”スイッチが外れる、時々回らない”といった不具合が発生、最近ではショックを与えないと動作しなくなり、当商品を選びました。。毎年、我が家と友人の車の夏用、冬用タイヤの交換に6年使っていたインパクトレンチの調子が悪くなったので購入。。前の製品は照明として先端にLEDが付いていて、夜作業し易かったのに無くなってました。締め付けトルクは50N−mなので、試しに70N−mでやってみましたがキックが渋くなってしまいました。ただ!気になるのは2回ほどナットがインパクトレンチに挟まりぬけない状態になったことです。携帯電話の充電用だったらしく、飛んだヒューズの規格はわずか300mAでした。ギアに布をかませただけで!回り止め工具も必要ありませんでした。あらかじめ、トルク値をセットしておけば、閉めすぎの心配もなく簡単にタイヤ交換のボルトの取付け取り外しが出来ます。